ケータイ辞書JLogosロゴ 下津村(近世)


広島県>久井町

 江戸期〜明治22年の村名。備後国御調郡のうち。広島藩領。家老三原浅野氏給知。村高は,元和5年「知行帳」,「芸藩通志」「天保郷帳」ともに674石余,「旧高旧領」716石余。元禄13年村差出帳(三原市立図書館蔵)によると畝数81町余・高674石余うち田65町余・559石余,畑15町余・59石余,屋敷8反余・13石余。寛文4年新開地詰,正徳2年地抨により村全体で田の高が急増している。「芸藩通志」によれば,東西20町・南北25町,畝数67町余,戸数123・人数705,牛97・馬47,池に松迫池・正波牟池など9か所,神社に八幡宮・厳島神社,寺院に臨済宗仏通寺派蓮華寺(もと真言宗)・浄土真宗本願寺派専光寺(もと真言宗),廃寺に箱石寺・吉祥寺・道浄寺があり,古城跡に高根山城(杭城か,山名豊澄・左近居城)・八幡城,古墓(山名左近将監墓など)多数と記す。寛文4年から明治15年まで津蟹村と山論が行われた。明治2年の戸数150・人口680。同4年広島県に所属。同21年の戸数179・人口906。同22年久井村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7422230
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ