ケータイ辞書JLogosロゴ 下筒賀村(近世)


広島県>加計町

 江戸期〜明治22年の村名。安芸国山県郡のうち。広島藩領。蔵入地。寛永年間の地詰で筒賀村が上筒賀・中筒賀・下筒賀と3か村に分村して成立。村高は,宝永3年下筒賀村絵図横貫・正徳5年下筒賀村絵図差出シ横貫および「芸藩通志」「旧高旧領」ともに331石余。戸数・人数は,享保12年の山県郡村々諸色覚書101・585。「芸藩通志」194・814。「芸藩通志」によれば,広さは東西11町余・南北8町,牛67,舟2,農間余業に山業と紙漉。神社は八幡宮・大歳神社,寺院は沼田郡相田村正伝寺の末寺があり,寺方では法専寺という。他に社倉蔵(麦囲籾41石余)が木坂にある。田は水量が少なく干田となることが多かった。畑には麻を60%作付していた。享保12年の年間生産高は楮1,000貫・麻500貫・蒟蒻玉300貫・茶700斤(山県郡村々諸色覚書)。他に御用材木年間2,000本,御用板・割木を搬出した。株艜2艘については舟頭を他村から雇入れ年間21回出舟していた。川漁では簗が1か所あり,鮎を年間3,000尾漁獲している。弘化2年8月に扱苧専売制の廃止を要求して加計・下筒賀・下殿河内3か村が一揆を起こし,同年10月撤回させた舞台が当村の木坂である。芸州算盤が文政年間〜幕末に滝本で作製されている。多助と河野柳助の2者の作品がある。「国郡志書出帳」の重立産業の項に「笘」の文字が見え,これが算盤と関係があると思われる。明治4年広島県に所属。同15〜16年にかけて加計・下筒賀・下殿河内・上殿河内の4か村の間で飛地の統合整理を行い,滝本・立野が加計村に,加計村高下・穂坪と上殿河内村辺森が当村に編入。同21年の戸数223・人口1,001,同22年殿賀村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7422234
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ