ケータイ辞書JLogosロゴ 太郎丸村(近世)


広島県>甲奴町

 江戸期〜明治22年の村名。備後国甲奴【こうぬ】郡のうち。はじめ福山藩領,元禄11年幕府領,享保2年からは豊前中津藩領。村高は,元和5年「知行帳」225石余,「水野記」251石余,元禄12年備前検地や「天保郷帳」「旧高旧領」ともに276石余。寛政6年には田19町余・畑16町余(中津藩明細帳)。戸数・人口は,享保2年66・347,寛政6年60・283。東に接して稲草村の飛地敷之尾があり,東西32町余・南北12町余(国郡志書出帳)。「水野記」によれば,観音寺は寺領10石余で田総元秀の寄進。大明神の社領は田総元秀の代に11石余の地を寄進とあり,氏神大歳神社の前社号と思われる。明治4年中津県を経て,広島県に所属。同21年の戸数88・人口568。同22年市制町村制施行による太郎丸村となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7422646
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ