ケータイ辞書JLogosロゴ 辻村(近世)


広島県>吉舎町

 江戸期〜明治22年の村名。備後国三谿郡のうち。広島藩領。村高は,元和5年「知行帳」419石余,延宝4年424石余,「芸藩通志」「天保郷帳」「旧高旧領」ともに同高。寛文11年に新開地5石余が打ち出され,延宝4年から本高に加えられた。宝暦11年の戸数95・人数510,牛58・馬9(御巡見様御通筋覚書)。「芸藩通志」によれば,戸数125・人数582,牛90・馬25,村の広さは東西1里6町・南北26町,農間余業では紙を製す。寛政4年には大工2・木挽1・桶屋2のほかに紙漉職人43人がいたという(辻村指出帳控)。安永5年の人別毛付高帖によると,高持百姓131人のうち1石未満39,1〜5石未満70,10石以上7。村内大谷に祀る火室明神は,関ケ原の戦に従軍,戦死した村の若者を祀ったもので,酉年の祭日には4人の神人が両手に松明をもって正気を失うまで舞う「火の舞」の行事があった(八幡村誌)。村内の元広山は変事に際して烽火をあげるいわゆる火山に指定されていた山で,享保9年以降幕末までの関係文書が残る(後藤家文書)。明治4年広島県に所属。同14年八幡小学校辻分教場が設置される。同21年の戸数131・人口677。同22年八幡村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7422703
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ