ケータイ辞書JLogosロゴ 津浪村(中世)


広島県>加計町

 南北朝期〜戦国期に見える村名。安芸国山県郡のうち。津波とも見える。文和元年12月27日の武田氏信預ケ状に「安芸国太田郷内津浪村地頭職〈梶原五郎右衛門尉〉跡事」と見え,闕所地となっていた梶原氏の当村地頭職が熊谷直平に預け置かれている(熊谷家文書)。下って厳島廻廊棟札写に「一廻廊一間檀那〈当国津波住人河野因幡守,天正五秊卯月吉日 良久敬白〉」と見えることから(大願寺文書),天正年間には河野氏と当村のかかわりが考えられる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7422728
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ