ケータイ辞書JLogosロゴ 戸河内村(近世)


広島県>戸河内町

 江戸期〜明治22年の村名。山県郡のうち。広島藩領。蔵入地。村高は元和5年「知行帳」2,003石余,寛永15年地詰以後,正徳2年の所務役人頭庄屋郡邑受方記は1,666石余,享保14年地詰以後,「芸藩通志」「旧高旧領」ともに1,674石余。村の集落は,本郷・土居のほか,山間部に40余の枝郷・飛郷が散在し,8組に編成される。享保12年の家数は,本百姓678・小家219・浮過28・木地屋5,人数4,152。「国郡志書出帳」によれば,畝数254町余,本百姓831・小家部屋161・浮過177・木地屋2,人数4,729,牛475・馬267。本郷には寛文年間に市町が長さ77間,道幅1間半,20軒規模で形成。宮島市立に石見商人の宿泊,近在の農村市場として機能する。村の商品生産は,扱苧・煙草・楮,紙漉従事者148人,主に諸口紙を製す。林産物には,材木・船板・浜鍬・炭・木地・板箕など,鉄山業は,近世期を通じて稼行。経営者は加計村八右衛門,都志見村七郎右衛門・長兵衛ら他村の者が主体。鈩2か所,長割鍛冶屋7軒が平均10年ごとに設置場所を移転しながら稼行された。この鉄山稼行地に近い松原・板ケ谷・猪山【いのしやま】・横川【よこごう】・田代・餅ノ木集落の村人は,粉鉄・鉄の運送,炭焼など駄賃稼に依存していた(国郡志書出帳)。氏神の大歳社をはじめほぼ集落ごとに神社があり,享保12年山県郡村々諸色覚書では19社,「国郡志書出帳」では23社。寺院は,臨済宗無為山実際寺,同宗安楽山円光寺。天文5年開基と伝える浄土真宗の専正寺,天正6年開基の同宗の西善寺,同13年開基の同宗の真教寺があった。明治4年広島県に所属。同22年市制町村制施行による戸河内村となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7422841
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ