ケータイ辞書JLogosロゴ 中山村(近世)


広島県>千代田町

 江戸期〜明治22年の村名。安芸国山県郡のうち。慶長11年新庄村から分村と伝える(旧県史)。広島藩領。全村明知。村高は,元和5年「知行帳」135石余,「芸藩通志」「天保郷帳」「旧高旧領」も同高。享保12年山県郡村々諸色覚書によると,村の広さは東西16町・南北19町,戸数25・人数123(男56・女67),牛13・馬21,貸家7軒を含む全戸は128間の市にあり,馬15匹は駅所馬。田7町余・68石余,畑4町余・13石余,屋敷5町余・8石余,高44石余。駅の駄賃稼があり,楮40貫目を産した。「国郡志書出帳」では,戸数29・人数135(男71・女64),牛10・馬19(うち駅所馬14),草山6・腰林13,橋6,雨池3・溝5・堰6,氏神は新庄村の宮庄八幡宮,寺院は真宗円光寺,他に市胡・観音堂・小祠3,駅には本陣1・本陣付厩1・伝馬15・御用荷物引請問屋1,石州出入の商人荷物引請問屋4,上市に御札場がある。駅は明暦3年吹屋馬札6枚が御免になり,中山・本地両駅以外の村からの荷はすべて抜荷となった。その後元禄年間に駅馬飼料山が定められ,中山駅は「石州出入之売買諸色之荷物駄賃銀を以家業仕」,大いににぎわった。明治4年広島県に所属。同7年第九小区書上ケ帳によると,戸数34・人数136(男75・女61),僧2・桶屋職1・紺屋商1・牛馬売買商2,掲示場も設けられ,牛14・馬11(駒9・駄2)・鶏6。同22年川迫村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7423051
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ