ケータイ辞書JLogosロゴ 原田村(近世)


広島県>大崎町

 江戸期〜明治22年の村名。安芸国豊田郡のうち。広島藩領。村高は,元和5年「知行帳」では大崎島2,656石余のうち,「芸藩通志」「旧高旧領」ともに438石余。寛永15年地詰では畝数37町余(分米412石余)うち塩田9反余。塩田は西部海岸の瀬井にある。「芸藩通志」によれば,畝数41町余(分米438石余),戸数147・人数710。延宝元年荒廃した山王権現社祠を庄屋市郎右衛門が建立,貞享元年拝殿を再建。延宝2年台風災害後放置されていた塩田は,元禄13年上北方村徳兵衛の瀬井新開修理にあたり,堤防が長さ60間・根置7間・高さ1間半・馬踏7歩に築調され,田に改められて畝数5反1畝27歩と狭くなった。また田畑畝数3町2反程も決壊し,享保20年忠海町(現竹原市)の豪商油屋,幸崎町(現三原市)の藤本・小泉の3家が合資で新開改修工事に着手し,元文2年完成,新開支配人として幸崎町百姓久右衛門が来島する。明治4年広島県に所属。同6年書付控によると米350石・麦420石・大豆120石・小豆30石・琉球芋6万4,500貫を産する。同7年本島中唯一の戸長には当村の田坂東平がなり,田坂宅を11小区事務所とし,各村の副戸長はここに集まり事務を扱うこととなった。同12年大串村連合戸長役場を置く。明治7年安詳館開設。同17年原田学校を新築移転,同19年大串小学校を原田尋常小学校に合併。同21年の戸数235・人口1,274。同22年西野村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7423348
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ