ケータイ辞書JLogosロゴ 原田(近代)


広島県>大崎町

 明治22年〜現在の大字名。はじめ西野村,昭和30年からは大崎町の大字。明治22年村役場を設置。温州ミカンは同23年頃兵庫県川辺郡から苗木を購入し栽培の勧誘をしてから増殖された。同24年の戸数260・人口1,281。当地は登り坂の山村で広い土地がないことと,大串からの通学距離を考え薬研谷に同39年西野尋常小学校を開校し,同44年高等科を併置した。明治41年青年会,同43年実業補習学校,同45年原田婦人会などが活動を開始した。大正元年広島地方専売局竹原出張所の勧誘により開始された煙草栽培は,同14年には21haに達し,主要農産物となった。大正12年酒造場ができ,同13年には醤油醸造業も始められた。昭和4年役場に電話が付けられ,同8年原田柑橘選果場ができ,ミカン栽培が本格的になった。同23年薬研谷に西野中学校第一校舎が完成,同年原田農協も設立された。同26年西野小学校・西野中学校兼用の講堂が建設され,校内放送の設備も完成した。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7423349
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ