ケータイ辞書JLogosロゴ 平谷村(近世)


広島県>熊野町

 江戸期〜明治22年の村名。安芸国安芸郡(もと安南郡)のうち。広島藩領。江戸初期は家老堀田浅野氏給知,のちに給知・明知入り交じりの地。村高は,寛永11年浅野氏知行目録86石余,「芸藩通志」「旧高旧領」ともに83石余。近世初頭の村切の際には野間氏の勢力範囲内矢野村の内とされていた。「芸藩通志」によれば,村の広さは東西12町・南北17町余,畝数9町余,戸数52・人数251,牛26・馬1,農間余業は山稼。明治3年頃には割木馬札運上536文,割木人札運上1貫72文。同4年広島県に所属。同21年の戸数66・人数344。同22年本庄村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7423460
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ