ケータイ辞書JLogosロゴ 深津村(近世)


広島県>福山市

 江戸期〜明治22年の村名。深津郡のうち。はじめ福山藩領,元禄11年幕府領,同13年から再び福山藩領。村高は,元和5年「知行帳」279石余,元禄12年備前検地861石余(田496石余・畑364石余うち御船入座床御用捨引11石余)・反別75町余,「天保郷帳」も同高,「旧高旧領」2,220石余。村の規模は東西16町・南北13町。宝永8年の年貢率6割8分,寺役銀などがあった。同年の戸数211・人数1,613,牛25・馬3,文化年間の戸数432・人数1,973,牛56・馬31。地内に郷蔵1,池3,御林2(3町7反)。土地は山2割・田畑8割の構成で,田32町2反余のうち21町5反は二毛作,畑は2割が綿作,8割が雑穀作。地内の町並みでは小商いをした。城下出火時は,手桶持参の出役人足22人が課された。寺社には塩崎大明神・出崎八幡・王子大権現・三島大明神・稲荷大明神・神農廟,真言宗薬師寺・光明院・長尾寺,浄土宗専故寺など(備陽六郡志・福山志料・備後郡村誌)。明治4年福山県,以後深津県・小田県・岡山県を経て,同9年広島県に所属。明治4年長尾寺に啓蒙所開設。同6年(一説に同4年)公立小学校深津学校設立,教員数男5,生徒数男141・女40。戸数・人口は,同7年533・2,390,同21年537・2,683。明治7年木之端村・深津沼田村を合併。同22年市制町村制施行による深津村となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7423504
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ