ケータイ辞書JLogosロゴ 深津沼田村(近世)


広島県>福山市

江戸期〜明治7年の村名備後国深津郡のうち芦田川の下流左岸,蔵王山の南寛文8年深津村の地先に成立した新開(新田)村(備後郡村誌)「福山志料」には「沼田ト云ハミナ填海所ニテ原額ノ上ニコノ土地増シタルナリ,沼ハスナハチ海ナリ」とあり,村名は深津村の沼田を干拓したことに由来するはじめ福山藩領,元禄11年幕府領,同13年から再び福山藩領村高は,元禄12年備前検地では深津村沼田と見え1,356石余(田1,290石余・畑65石余)・反別107町5反余,「天保郷帳」1,359石余なお「備陽六郡志」では深津沼田・深津沼田村・深津村沼田分と記されている宝永8年の年貢率6割1分5厘地内には山はなく,田畑のみで,田97町7反余のうち74町3反余は二毛作,畑は2割が綿作,8割が雑穀作また当地は新開地のため水不足で地味が悪かったが,郡奉行の命によって田に木綿を植え付け地味を高めようとした開発当時住人はほとんどおらず深津村の百姓が出作していたが,徐々に住人は増加庄屋は深津村の庄屋が兼帯明治4年福山県,以後深津県を経て,同5年小田県に所属同7年深津村の一部となる
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7423510
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ