ケータイ辞書JLogosロゴ 福田村(近世)


広島県>福山市

 江戸期〜明治22年の村名。備後国芦田郡のうち。はじめ福山藩領,元禄11年幕府領,同13年から再び福山藩領。村高は,元和5年「知行帳」1,116石余,元禄12年備前検地1,689石余・反別161町5反余,「天保郷帳」「旧高旧領」ともに1,696石余。「備陽六郡志」によれば,定免7割6分,年貢のほかに寺役・桶屋役・鍛冶役などがあり,御立山1・野山8,池33,堂6・地蔵堂3・神社41。「福山志料」によれば,ほかに横土手樋1,水碓1,小橋30,憩亭8,村の規模は東西21町余・南北52町余。戸数・人数,家畜数は,宝永8年432・1,936,馬7・牛70,文化年間425・1,942,馬31・牛179。当村は山5割・田畑5割の構成で,田92町7反余のうち二毛作73町9反,農間稼ぎは男は莚打ち,女は木綿織,寺社は,浄土真宗西教寺・真言宗福性院,八幡神社など(備後郡村誌・福山志料)。明治4年福山県,以後深津県・小田県・岡山県を経て,同9年広島県に所属。同22年福相村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7423541
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ