ケータイ辞書JLogosロゴ 藤兼村(近世)


広島県>君田村

 江戸期〜明治22年の村名。備後国三次郡のうち。はじめ広島藩領,寛永9年三次藩領,享保5年から再び広島藩領。村高は,元和5年「知行帳」308石余,「芸藩通志」282石余,「天保郷帳」308石余,「旧高旧領」282石余。戸数・人数および牛・馬は,享保7年の「三次郡覚書」35(本百姓30・名子5)・205,牛15・馬5,「国郡志書出帳」47(百姓34・浮過12・庵1)・204,牛60・馬34で牛馬の普及が目立つ。「国郡志書出帳」によれば,村の広さは東西30町・南北20町,副業に麻を栽培する。村内卸子に祀る厳島神社は,神野瀬川対岸の山家村から厳島明神が飛来し,ここで流産し一夜のうちに丘ができたので,卸子明神ともいうと伝える。ほかに同明神との縁起を伝える明神膝突山・腰掛岩などの地名も残る。明治4年広島県に所属。同10年頃寺子屋式の小学校を創立,のち藤兼小学校と改称。同21年の戸数73・人口381。同22年君田村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7423568
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ