ケータイ辞書JLogosロゴ 本地村(近世)


広島県>千代田町

 江戸期〜明治22年の村名。山県郡のうち。広島藩領。明知・給知が入り交じる。村高は,元和5年「知行帳」1,520石余,「芸藩通志」1,553石余,「天保郷帳」「旧高旧領」も同高。享保12年山県郡村々諸色覚書によると,村の広さは東西1里13町余・南北1里27町余,戸数313・人数1,640(男829・女811),牛129・馬132,給人6,田1,215石余うち189石余,畑67石余うち29石余が高,当村は町分20石余・郷分1,520石余に分かれ,町場は長さ95間・幅2間で戸数34,駅が置かれ,可部町へ本荷馬176文・軽尻馬120文・人足88文の駄賃で荷を送った。また医師・大工・木挽・小鍛冶各1がおり,楮130貫目を産した。「国郡志書出帳」によれば,戸数360・人数1,713,馬95・牛218,寺3・医師3・貸屋56・酒造1,町場は戸数48,制札場と胡社があり,西2町に本陣,東2町に御休所の専教寺があり,石見浜田路の宿駅とされた。駅伝馬は15匹,人夫は主として村内の百姓があたったが,隣村から馬や人夫を集めて用を勤めることもあった。石見浜田路には峠塚・岡田塚・城ケ峠塚の一里塚があり,高宮郡南原村境に御茶屋が置かれていた。また田147町余・1,404石余,畑28町余・38石余,屋敷4町余・64石余,高423石余,農間余業は石州の鉄荷物を可部へ送る駄賃稼ぎ,御建山1(明神原)・御留山2(大掛山・ねぎ迫山),腰林76・草山482・野山3,橋15,井手22・雨池8。氏神は八幡宮・中野御前・山王権現,村中祈願所として八王子,小祠4・小堂5。寺院は専教寺・浄泉坊・浄楽寺,廃寺は東明寺・神光寺・安養寺。八王子社山から涌く醴泉は,寛政年間から病人の入湯が多くなり,湯舟・湯小屋が設けられていた。明治4年広島県に所属。同年の武一騒動では,指導者の1人として当村滝蔵が処刑された。同17年から陰陽連絡道路(旧石見浜田路)拡張工事を開始。同21年の戸数425・人口2,143。同22年本地村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7423703
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ