ケータイ辞書JLogosロゴ 本地村(近代)


広島県>千代田町

 明治22年〜昭和29年の山県郡の自治体名。大字は本地のみ。明治24年の戸数454・人口2,202。世帯数・人口は,大正9年418・1,874,昭和29年415・1,994。明治21年の広島浜田道路(陰陽連絡道路)の完成によって,大正8年乗合自動車運行開始。同年電灯がつく。昭和24年新農村建設運動モデル農村に指定される。同29年の就業人口は973,うち956人が農業であり,水稲のほか裸麦・小麦・煙草・ナタネなどを耕作し,縄の生産も行っていた。同年千代田町の一部となり,村制時の1大字は同町の大字に継承。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7423704
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ