ケータイ辞書JLogosロゴ 三玉村(近世)


広島県>吉舎町

 江戸期〜明治22年の村名。備後国三谿郡のうち。広島藩領。村高は,元和5年「知行帳」では三田間村と見え310石余,「芸藩通志」「天保郷帳」「旧高旧領」ともに320石余。元和6年以後,地詰が行われた古銀山(金山【かなやま】ともいう)10石が村高に加えられている。宝暦11年の戸数60・人数275,牛18(御巡見様御通筋覚書)。「芸藩通志」では,戸数65・人数241,牛53・馬1。「国郡志書出帳」によれば,広さは東西14町・南北9町,神社に大歳社・厳島社,その他小社4社があり,寺院に臨済宗仏通寺派亀甲山宝寿庵・飛竜山玉宝泉庵・浄土真宗明玄寺,ほかに薬師堂・毘沙門堂があった。薬師堂は礫堂ともいい,茅葺の屋根に小石を投げその石が屋根に乗れば,子供あるいは良縁があると記す。村内東方隣村安田村へ通ずる黒鞘峠沿いの谷は古銀山といい,中世末期から近世初頭頃銀鉱採掘の行われた所。採掘のはじめられた時期や稼行期間は不明であるが,福島正則時代近くの清綱村常和寺に「御領分銀山祈祷」を命じている記録がある(国郡志書出帳)。また月々銀15枚の運上銀を出したので拾五枚と呼ぶ地名が残る。またこの古銀山の谷には三谿郡では数少ない庚申塚も3基分布する。明治4年広島県に所属。同18年頃近世期の石見路に代わる新しい尾道〜松江間の改修工事が行われ,当村内を南北に貫く新道路ができた。同21年の戸数70・人口344。同22年吉舎【きさ】村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7423817
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ