ケータイ辞書JLogosロゴ 三津村(近世)


広島県>安芸津町

 江戸期〜明治22年の村名。賀茂郡のうち。寛永15年立花を合併したという(賀茂郡志)。広島藩領。村高は,元和5年「知行帳」706石余,「芸藩通志」「天保郷帳」「旧高旧領」ともに963石余。御蔵所があり,内陸部の重要な出入口であった。広さ東西・南北各1里,畝数84町余,戸数686・人数3,489,海辺は横10町余(芸藩通志)。特産物に白魚がある。年寄木原保右衛門が元禄2年から京都の祇園社にまねて祇園社の渡御式を行う。寛政6年の戸数618・人数3,548(諸品記),天保7年の人数3,530(三津寺々印形帳)。安永年間,安永築地が埋め立てられ,瀬野屋新開(塩田)を築造。享保14年・明和6年に大火があり,火消組の制度ができた。安永年間枇杷の栽培が行われ,天明元年から綿実・いりこ・楮紙の原料皮の取引きが行われた。寛政7年綿作は平均150貫,文化10年菜種作は2石7斗,文化13年干楮皮は200貫,文政12年から杉苗の植付け植林が盛んになった。村鎮守は榊山八幡宮(字榊山),亀山八幡宮といって字鳴川にあったのを長治2年現地に遷したという。ほかに須佐之男命・大国主命などを祭神とする祇園社(字中之坊)がある。寺院は曹洞宗海竜山正福寺・曹洞宗洞谷山福寿院・鎮西派浄土宗正念寺・真宗本願寺派朗詠山蓮光寺。寺子屋は時習館(のちの明倫堂),行友耻堂が読書・習字・算術などを教授した。明治4年広島県に所属。同22年市制町村制施行による三津村となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7423827
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ