ケータイ辞書JLogosロゴ 三津町(近代)


広島県>安芸津町

 明治26年〜昭和17年の賀茂郡の自治体名。大字は編成せず。明治26年の戸数771・人口4,147。清酒醸造が行われ,特に同31年軟水醸造法が完成してからは杜氏の町として知られた。同年煉瓦工場が設立創業され赤煉瓦の製造が盛んになった。同36年豊田銀行三津支店が創業。大正2年電話・電灯がついた。昭和10年国鉄呉線が全通し,安芸津駅が開業した。同18年1月1日安芸津町の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7423829
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ