ケータイ辞書JLogosロゴ 壬生村(近世)


広島県>千代田町

 江戸期〜明治22年の村名。山県郡のうち。広島藩領。明知・給知が入り交じる。村高は,元和5年「知行帳」では「ミふ品村」と見え519石余,「芸藩通志」「天保郷帳」「旧高旧領」も同高。享保12年山県郡村々諸色覚書によると,村の広さは東西9町・南北12町20間,戸数119・人数500(男252・女248),牛54・馬37,給人3,「市ノ分」29石余・「郷分」453石余に分かれ,市は医師1,酒場2を含む34軒,長さ1町29間・幅2間半。「郷分」は田36町余・401石余,畑7町余・40石余,屋敷6反余・10石余,高97石余,大工1・桶屋2・小鍛冶1,楮110貫目を産した。「国郡志書出帳」によれば,戸数は酒屋10・借屋20を含む156,人数652(男343・女309),牛62・馬14,社人1・僧3・医師1・水役職人5,田31町余・320石余,畑7町余・43石余,屋敷1町余・19石余,高6町余・136石余,農業7割,商業および職人2割,浮過1割,田地のうち8割が稲作,2割が麻・大豆・小豆・煙草などを栽培しており,農間には「男子ハ売事荷之駄賃運ひ,女子者織布甲掛之仕立共ヲ業と」していた。野山3・腰林3,橋14,井手3・雨池5。氏神は東山八幡宮・平山新宮大明神・尾山大歳大明神,ほかに胡社と小祠8,寺院は京都西本願寺末教得寺,小堂に廃善福寺跡の観音堂と廃多門寺跡の毘沙門堂があった。明治4年広島県に所属。同22年壬生村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7423936
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ