ケータイ辞書JLogosロゴ 向島西村(近世)


広島県>向島町

 江戸期〜明治22年の村名。備後国御調【みつぎ】郡のうち。広島藩領。蔵入地。村高は,元和5年「知行帳」851石余,寛永15年地詰1,585石余(畝174町3反1畝余うち田27町余・畑132町余),正徳2年所務役人頭庄屋郡邑受方記1,801石余,「芸藩通志」1,830石余,「天保郷帳」1,961石余,「旧高旧領」1,830石余。戸数・人数は宝暦5年向島西村実録帳728・2,033,「芸藩通志」607・3,562,「芸藩通志」によれば,村の広さは東西36町・南北45町余,牛405,船58,蒺子を産す,御建山に竜王山・有井山・串山・上江府山・下江府山・干潟山,属島に岡島(小歌島)・上衛府島・下衛府島・大牛島・小牛島,池に王子池・黒町池・神宮寺谷池・大迫池・川尻谷池・山中池・長者原池・白片谷池・木船谷池・長江谷古池・天神谷池・同上池・長江谷新池,名勝に木曽谷(大夫坊覚明,義仲の孤を護り,此地に隠れるという)・烏崎(元禄年間,富島治兵衛,塩田を開き,傍らに園荘を置き海水園と号す,景八勝あり)がある。八幡宮は栗原村より勧請,彼社の鉾・仮面を同社に納め,鉾八幡とも称す。覚明社は木曽義仲の臣覚明を祀る。曹洞宗海頭山地蔵院は義仲の子義重と覚明の発願によって開創,仏像の背に「古代鞆津安国寺末寺也,号浄土寺,無住之時,末寺地蔵院之住僧,兼住,依之人誤称地蔵院云」という記銘があり,ほかに曹洞宗安養山重楽寺・同宗台俊山長福寺,廃寺跡に水之庵・持源院円光坊・浄楽寺・宝珠庵がある。古城跡に岡島城・亀山・丸山,古墳墓に入道丸の墓(多くの墓があるが埋葬者不明)・36名墳(昔36人して当島を開く,故に36の五輪石を建つという)がある。西部にある津部田沖塩浜新開は,元禄10年尾道の商人鰯屋が6町歩を干拓,浜庄屋の支配を受ける。宝暦5年向島西村実録帳によると,藩営により万治3年兼吉新開2反8畝余,寛文3年道越新開12町3反4畝余,同5年有井新開7町4畝余,同11年干汐山新開1町9反3畝余,百姓自分築調分として干汐山新開2町9反4畝余,延宝8年黒崎新開1町7反余(翌年荒,元禄10年修理),同年稲積磯新開6町(正徳3年大風高潮により土手切れ荒のまま),宝永3年牛ケ口磯新開3反などがある。明治3年の戸数1,591・人口5,998。同4年広島県に所属。同7年富浜村を合併。同21年の戸数1,649・人口7,788。同22年市制町村制施行による向島西村となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7424011
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ