ケータイ辞書JLogosロゴ 矢井村(近世)


広島県>吉舎町

 江戸期〜明治22年の村名。備後国三谿郡のうち。広島藩領。村高は,元和5年「知行帳」では屋井村と見え214石余,「芸藩通志」214石余,「天保郷帳」も屋井村と見え214石余,「旧高旧領」214石余。戸数・人数は,「芸藩通志」42・178,天保13年宗旨改帖41・166,「芸藩通志」によれば,村の広さは東西6町余・南北1里余,牛31・馬4,池は後原池,神社に熊野三社・鷺神社・帝釈社・一宮社があった。元和6年広島藩主浅野長晟の伊勢神宮御師椿叟太夫宛寄進状に「備後国三谷郡之内,仁賀村屋井村両所ニ而三百石可有知行候」とあり(双三郡誌),当村内に伊勢領があったことが知られ,弘化2年の御免割帳によると村高の約50%の107石余が伊勢領となっている。享保元年の草山腰林帖によれば,村内に草山4・腰林17・宮山1,「村中不残入相」に大谷山,隣村敷地村との入会山に惣寺山があり,敷地村は毎年米2斗5升を矢井村へ支払い同山で草刈りを行っていた。明治17年地券交付にからんで同山の入会権が混乱し,関係農民45名が立会って境引きし,敷地村が米6石6斗を支払うことで決着をみた。明治4年広島県に所属。同21年の戸数39・人口195。同22年吉舎【きさ】村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7424104
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ