ケータイ辞書JLogosロゴ 秋穂二島村(近世)


山口県>山口市

 江戸期〜明治22年の村名。吉敷郡のうち。単に二島村とも称する。慶長5年検地帳,同15年検地帳,寛永2年検地帳では秋穂村に含まれ,享保11年には秋穂村の小村に二タ島村があり(地下上申),「注進案」では二島村として秋穂村と別になる。萩藩領。小郡宰判に属す。村高は享保11年には秋穂村総高7,728石余のうち二タ島分として3,348石余(地下上申),「注進案」4,705石余,ほかに浜375石余,「旧高旧領」5,361石余。「注進案」によれば蔵入地4,457石余,給領地は248石余で給領主は佐々木太郎左衛門ら7人,ほかに浜高のうち蔵入地277石余,給領地は98石余,蔵入地のうちには開作地が含まれ,新御開作は田58町5反余・460石余,畑8町8反余・45石余,南ノ前御開作は田4町余・18石余,畑1町8反余・4石余,家数629(ほかに諸士3・足軽以下5・陪臣5),人数2,966,牛3・馬310,村役人は庄屋1・畔頭8・給庄屋5・給畔頭1,小村は大里【おおり】・二島・上ケ田【あげた】・仁光寺・幸田【こうだ】・禰宜【ねぎ】・惣在所・南・新開作・長浜。新開作の詳細は不明だが,同書には「但御撫育方御開作上地開作佐々木開作小島開作辺ハ総て端瀬の入海にて遠干潟御座候,南の前是亦遠干潟にて四五丁位も干潟に相成候」と記されている。当村には農業のほかに製塩業があったが,明治初期頃から次第に耕地化して減少した。「注進案」に見える神社は疫神社(郷の宮,秋穂郷の神社とも称す)のほか,若宮・権現社・三神宮・三神社など,寺院は真言宗の千光院真善坊(のち真照院と改号),泉蔵坊(のち栄泰寺と改号)・戎定院・万徳院(のち栄泰寺へ合併)・遍照寺(のち真善寺へ合併)。明治4年山口県に所属。同7年に二島・長浜に小学を開校したが,同17年長浜小学校は二島小学校に合併された。明治16年の戸数662・人口3,156(県の統計百年)。同22年市制町村制施行により単独で自治体を形成。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7424386
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ