ケータイ辞書JLogosロゴ 魚物小路(中世)


山口県>山口市

 戦国期に見える地名。周防【すおう】国吉敷【よしき】郡のうち。弘治3年4月8日付の信常元実宛毛利氏奉行衆連署奉書に「魚物小路事被預遣之由」と見える(閥閲録63)。同文書によれば,毛利元就は,大内氏滅亡後山口高嶺城を守備していた市川経好とともに信常元実を山口城番に任命,彼に魚物小路を預け,そこから納入される料足をもって高嶺城築城の人足賃に充てるよう命じている。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7424396
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ