ケータイ辞書JLogosロゴ 朝田村(近世)


山口県>山口市

 江戸期〜明治22年の村名。吉敷郡のうち。萩藩領。山口宰判に属す。慶長5年検地帳には当村の名が見える。村高は同15年検地帳に1,200石余,寛永2年検地帳で1,241石余,享保13年は2,740石余(地下上申),「天保郷帳」1,123石余,「注進案」1,204石余,「旧高旧領」3,079石余。慶長15年検地帳では田76町余・1,096石余,畑11町余・59石余,小物成3石余。享保13年には総高2,740石余で,この内訳は朝田村1,350石余,うち田77町5反余・1,249石余,畑14町9反余・100石余,蔵入地1,098石余・給領地251石余,黒川村719石余(付箋に715石余とある),うち田49町5反余・641石余,畑8町4反余・74石余,勝井村331石余,うち田23町7反余・300石余,畑3町余・28石余,家数244・人数695,朝田村毛利伊豆殿領238石余,うち田9町2反余・200石余,畑4町4反余・37石余,家数31・人数123,朝田村宇野半右衛門領100石,うち田3町余・85石,畑1町5反余・15石,家数10・人数29(地下上申)。なお,勝井村は寛永2年検地帳に黒川村・矢原村と合わせて1,971石余。黒川村は検地帳や郷帳類では別の一村で,「注進案」に寛政年間当村が黒川村のうちを御配地としたことが見える。同書によれば,すべて吉敷毛利家の給領地,小名は高井・法万寺・三作り・馬庭・和田,家数119・人数546(うち大工4・木挽1・桶屋1・紺屋1・灰屋1・土臼細工1・小商人4),ほかに足軽以下4軒,陪臣19軒があり,いずれも吉敷毛利家の家臣であった。同書に見える社寺は,五の宮大明神,真宗浄楽寺。のち,五の宮大明神は矢原村の住吉神社へ合祀されて朝田神社となり,浄楽寺は吉敷村の円正寺に合併された。明治4年山口県に所属。同12年黒川村の一部を編入。同年の周防長門諸郡一村限地券税帳によれば,田135町2反余・畑17町5反余・宅地7町5反余。同16年の戸数269・人口1,275(県の統計百年)。同22年矢原朝田村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7424472
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ