ケータイ辞書JLogosロゴ 荒高町(近世)


山口県>山口市

 江戸期〜明治22年の町名。山口町のうちの1町。西門前の西に続く石州街道沿いの町で,その西は田町である。「山口古図」には荒高町・田町の西に続いて上讃井・下讃井とあるが,中世にはこの一帯を讃井原といい,これが近世の荒高・田町・中讃井・下讃井あたりとされ,荒高・田町付近は上讃井に当たるともいわれる。町の北側にある長寿寺は浄土宗西山禅林寺派。同寺は天文年間大内家の草創で,顕空上人住職の時,永禄年間毛利輝元によって隆元の位牌が建てられて,天正7年隆元十七回忌の法事を執行し,同13年元就・元清の両牌が預けられ,「御三牌様」へ怠転なく茶湯回向が行われた(注進案)。輝元御打入の時,帰依の僧一空求欣上人を芸州から召し連れ,その頃同寺が無住であったことから一空が住職となり,輝元の萩入城の時も召し連れられ萩に一宇を造立し,長寿寺と号し一空上人を開祖とし,この寺には忍空上人が住職を命じられたという(同前)。また,防長寺社考によると同寺はもと持富山慈観堂といい,千体仏を安置し,大永2年大内義興が隣国へ出陣の際,重病にかかり慈観堂の千体仏に願書を捧げ深く祈誓したところ平癒したため,霊瑞山長寿寺と改号の事を命じたという(同前)。町内の南側には,森様と呼ばれる荒高明神が祀られ,付近を森小路というのはこれに由来する。宝暦年間の家数52(古実類書集)。明治12年の周防長門諸郡一村限地券税帳によれば,畑6反余・宅地1町9反余。同16年の戸数91・人口306(県の統計百年)。同22年山口町の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7424524
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ