ケータイ辞書JLogosロゴ 江尻村(近世)


香川県>坂出市

 江戸期〜明治23年の村名。阿野【あや】郡北のうち。西庄郷に属す。はじめ生駒氏領,寛永19年からは高松藩領。村高は,「寛永17年生駒氏惣高覚帳」443石余,「貞享元年高辻帳」351石余,文政9年609石余,「天保郷帳」493石余,「旧高旧領」699石余。寛文7年幕府巡見使高林又兵衛の「海上湊之記」によると「江尻,四十八軒。風ニ依テ瀬ノ島ニカカル」とあり,海辺にかなりの集落があったことをうかがわせる(坂出市史)。綾川西岸の開拓が積極的に行われ,文化元年に末包新田8町,文政年間に29町余の江尻新開,さらに嘉永5年には本条新田19町余が開墾された。本条新田は,隣村庄屋本条和太右衛門の尽力によるもので,この功績により和太右衛門は士分にとりたてられ,阿野郡北の大庄屋となった。産業は,江戸期を通じて,海岸線を利用しての製塩業が盛んであった。寛永19年塩運上として銀80目が上納されており,また前記の江尻新開の半作は塩田となっている。幕末,新田の開発とともに農業もその生産を高め,天保13年の急用米納めでは16石余を上納している(御用日記)。文政10年の砂糖仲買人1・桶師1・石工2。天保14年の酒小売2,うどん・そば商1(同前)。神社は本村の広瀬神社,文政13年拝殿大破のため修復願いが出されている(同前)。寺院は真言宗仁和寺末宝珠山竜光院(寺)。明治4年高松県,同年香川県,同6年名東【みようとう】県,同8年再び香川県,同9年愛媛県,同21年三たび香川県に所属。明治8年の戸数140・人口1,107,反別79町余(梶山家文書)。同年広瀬神社境内に簡易学校が設立された。同23年金山村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7429145
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ