ケータイ辞書JLogosロゴ 江尻町(近代)


香川県>坂出市

 昭和17年〜現在の坂出市の町名。坂出市が製塩業を中心とした県下一の貿易工業都市として発展するにつれ,国道沿いを中心に市街化が進行した。産業は地理を生かした製塩業と都市近郊型農業に特色がある。製塩業は,町内に本条塩田・金山塩田・金山新塩田の約53町をもち,全国一の生産を誇る坂出の一翼を担っていたが,昭和30年代後半,化学製塩の生産の高まりとともに廃止されていった。金山新塩田は,同37年土地造成工事が行われた。その繁栄の様は,町内にある日本専売公社内の塩業資料館に展示されている。農業は,京阪神へ出荷する早掘り甘藷・金時ニンジンの生産で,綾北の松山地区とともにその名が知られる。昭和23年福江町とともに市中央農協が創設された。農地面積は宅地化・企業の進出により急激に減少している。教育では,小学校・中学校が町内になく,東部小学校・東部中学校への通学区となっている。坂出土木事務所が同36年,坂出警察署が同39年に国道沿いに設立され,坂出市街地の東部域として発展している。昭和58年世帯数919・人口3,050(男1,483・女1,567)。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7429147
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ