ケータイ辞書JLogosロゴ 勝浦村(近世)


香川県>琴南町

 江戸期〜明治23年の村名。鵜足【うた】郡のうち。長尾郷に属す。はじめ生駒氏領,寛永19年からは高松藩領。村高は,「貞享元年高辻帳」601石余,文政9年西村家文書181石余,「天保郷帳」176石余,「旧高旧領」182石余。文政9年西村家文書によれば,物成(四口米)49石6斗余,夏成949匁2分,浮役銀は自分林運上銀108匁3分・興炭314匁7分・薪17匁4分・真綿182匁5分,家数248(石居115・掘立133)・人数1,058(男590・女468),職業別人数は本百姓181・半百姓115・僧侶1・刀指1・お林守14・鍛冶1・大工2・猟師8・医師1など,酒株1,寺1,宮11。神社は,祭神篠目命で弘仁8年弘法大師勧請の勝浦大明神(勝浦神社),古くは鵜足大明神という。ほかに福家神社があり,祭神は神櫛王(県神社誌)。寺院ははじめ天台宗,明応2年沙門了道浄土真宗に改宗した長善寺,鎌倉後期の絹本著色弥陀三尊来迎図がある(全讃史・長善寺縁起)。山村のため畑地が多く,米麦のほか阿波葉の栽培と養蚕が盛んで,林産物としては木炭・薪を生産する。天保6年頃葛布の製造に成功した(稲毛文書・讃岐国名勝図会)。文化2年百姓53名が畑年貢減免の要求を掲げ,越境して阿波藩に出訴した(牛田家文書)。真鈴峠は讃岐・阿波両国の交通の要所,金毘羅参り・四国巡礼や阿波の米買人および借耕牛などがこの峠を越えた。文久年間八峰に牢人原田佐之助が佐野塾を開く(佐野家文書)。明治4年高松県,同年香川県,同6年名東【みようとう】県,同8年再び香川県,同9年愛媛県,同21年三たび香川県に所属。明治8年の戸数310・人口1400,反別47町余(梶山家文書)。「新撰讃岐国風土記」によれば,郷の南端に位置し,東は香川郡安原上村,南から西は阿波国三好郡太刀野山村,北は川東・中通【なかとう】村,反別は田47町余・畑115町余・山林1,881町余・原野1町余・宅地12町余,戸数306・人口1,688(男879・女809),山は二双山・藤森山・仙之岳,川は勝浦川,泉は真鈴清水,産物は煙草と杉・松・椴などの板。明治5年に長善寺に学校を置き,同16年本村に本村小学校,一の瀬に桂岳小学校,横畑に第一桂岳小学校を開校(県令許可書)。同23年美合村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7429295
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ