ケータイ辞書JLogosロゴ 鴨村(近世)


香川県>坂出市

 江戸期〜明治23年の村名。阿野郡北のうち。鴨部郷に属す。はじめ生駒氏領,寛永19年からは高松藩領。村高は,「寛永17年生駒氏惣高覚帳」861石余,「貞享元年高辻帳」782石余,文政9年1,114石余,「天保郷帳」1,100石余,「旧高旧領」1,117石余。米・麦以外に綿花栽培がみられ,寛永19年小物成帳では真綿472匁3分が上納されている。幕末になると,藩の専売制実施とともに甘蔗栽培が盛んとなる。天保11年村内百姓3人が手製砂糖の販売のため大坂へ出たとある(御用日記)。貞享年間醤油醸造場が創業される。近世を通じて綾川のたび重なる氾濫に悩まされるが,江戸初期水利調節のため,隣の阿野郡南陶村に北条池が築かれる。これにより農業生産は大いに高まった。この時,阿野郡北の各村によって池宮神社が創建され,交互に神職をつとめたという。村内の山麓などに多くの谷のせき止め池をもち,天保6年には余慶池・北山池・鴻ノ池・牛の子南池・牛の子北池など12を数える(同前)。交通は山麓を通る新宮〜神谷の道が綾川東堤から氏部〜村田へ連絡する。神社は延喜式内社の1つ鴨神社と貞享3年創建の松尾神社が崇敬を集める。この松尾社で文政10年早瀬川一門が奉納角力興行を行いにぎわったという。また明神原にある杵築神社(鴨神社境外末社)は嘉永6年おが虫大発生によって被害が著しかったので安政4年出雲国杵築宮から勧請して建立した(同前)。綾坤山常教院正蓮寺は真宗で文政2年に建立された村内唯一の仏閣である。明治維新後,末包父子により寺子屋が開かれ,庶民教育に尽力する。明治4年高松県,同年香川県,同6年名東【みようとう】県,同8年再び香川県,同9年愛媛県,同21年三たび香川県に所属。明治8年の戸数290・人口1,497,反別104町余(梶山家文書)。明治6年正蓮寺を冠山学校として,平屋1棟,2教室を建設する。同20年村内の冠山・綾川・犢山の3校を統合し,鴨小学校を創立する。同23年加茂村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7429363
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ