ケータイ辞書JLogosロゴ 北村(近世)


香川県>綾南町

 江戸期〜明治23年の村名。阿野【あや】郡南のうち。羽床郷に属す。はじめ生駒氏領,寛永19年からは高松藩領。村高は,「寛永17年生駒氏惣高覚帳」412石余,「貞享元年高辻帳」267石余,「天保郷帳」560石余,「旧高旧領」609石余。高松藩領であるが租税は宇多津御蔵納となっていた。文政11年の「高松藩大庄屋小庄屋姓名録」の北村の条に役中・岡田彦三郎とある。江戸期の醍醐三宝院中心の修験道当山派の道場があった。明治4年高松県,同年香川県,同6年名東【みようとう】県,同8年再び香川県,同9年愛媛県,同21年三たび香川県に所属。明治8年の戸数158・人口727,反別63町余(梶山家文書)。明治5年以降常善寺を仮校舎として学校教育が始まったが,明治6年西讃農民騒動で同寺は焼失。同12年積善小学校を設立,同20年に滝宮尋常小学校に統合される。「新撰讃岐国風土記」によれば,郷の北東に位置し,東は山田下,南は上羽床,下羽床,西は小野,北は滝宮の諸村に接し,反別は田93町余・畑20町余・山林47町余・宅地10町余,戸数158・人口877(男454・女423),山は御山,川は綾川,池は皿池,泉は北川出水,神社は御山八幡神社・白石社・松恵菅原社・俵百社,寺院は菩提院・常善寺,ほかに観音堂がある。同23年滝宮村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7429438
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ