ケータイ辞書JLogosロゴ 造田村(近世)


香川県>琴南町

 江戸期〜明治23年の村名。鵜足【うた】郡のうち。長尾郷に属す。はじめ生駒氏領,寛永19年からは高松藩領。村高は,正保4年宇多郡山分内田・造田内検地帳428石余,寛文3年宇多郡造田村出免定事768石余,同11年鵜足郡内田村検地帳1,038石余(うち造田村409石余・内田村629石余),「貞享元年高辻帳」308石余,文政9年西村家文書897石余,「天保郷帳」869石余,「旧高旧領」831石余。寛永10年讃岐国絵図には土器川右岸が造田,左岸が内田【ないでん】とある。内田は寛文〜貞享年間にかけて造田村の一部となったと考えられ,本村を東村,内田を西村と称し,庄屋は兼帯,蔵組頭を東西に各1,組頭を東村に2人,西村に3人任命,蔵・高札場も1か所ずつ設けられた。当村の文政9年西村家文書によれば,物成(四口米)505石余,夏成2,036匁5分,浮役銀は自分林運上銀396匁・薪代86匁4分・炭銀24匁7分・真綿151匁4分,家数219(石居153・掘立66)・人数925(男501・女424),職業別人数は本百姓198・半百姓64・お林守1・刀指1・僧侶2・社人1・山伏3・鍛冶1・大工2・猟師1・馬医1,酒株1,寺2,庵2,牛57・馬4,池38。神社は天川神社・梶洲神社。「三代実録」によれば貞観6年讃岐国天川神などに従五位下が授位されているほかに祠16(県神社誌)。寺院は,はじめ天台宗,長禄年間沙門東善浄土真宗に改宗した称名寺,応永元年沙門了信開基の浄土真宗長光寺,天保12年浄順法師栗熊西村より移った真言宗吉田寺(讃岐国名勝図会)。土器川を挟んだ造田・内田はいずれも上・下に分かれ自然堤防で境する。上所は200〜400mの台地で古くから開けている。下所は土器川の氾濫によって開発が遅れ,寛文・元禄年間の開発田が多い。水害による難渋地で,寛政4年152石余の土地が差上地となっている(西村家文書)。内田も土器川の氾濫によって田畑が流失し,谷川からの土砂の流入が多くて地味が衰え,寛政4年以降高186石余の土地が難渋地となり,藩から肥料代の援助を受けて耕作が続けられた。なお,文化8年以降高64石余の土地が差上地となり,お貸免となった。内田には阿波道が通り人々の往来が頻繁で宿屋・万物屋などができた。天保年間,吉田寺の大師市が行われるようになり内田町並みが形成された(同前)。土器川の天川付近は岩盤が露出して流路を妨げていたが,天保年間岩崎平蔵が,この岩切抜き工事に成功してより土器川の流れは安定した。産物は米・麦・大豆などがあるが,文政3年御林守忠右衛門が紙漉をおこし,伊予国より職人を招いて幕末まで続けられた(同前)。阿波道が村の中央を通り,高松道と交差する交通の要所,四国巡礼・金毘羅参り・借耕牛の往来が多い。茶堂1・金毘羅灯籠3・道しるべ1などがある(琴南町誌)。明治4年高松県,同年香川県,同6年名東【みようとう】県,同8年再び香川県,同9年愛媛県,同21年三たび香川県に所属。明治7年炭所西村との境界変更で同村の柞野【くにきの】集落と周辺の野山を編入。同8年の戸数283・人口1,156,反別42町余(梶山家文書)。「新撰讃岐国風土記」によれば,郷の北西に位置し,反別は田131町余・畑12町余・山林845町余・原野3町余・宅地12町余,戸数281・人口1,518(男751・女767),山は城山・転石山・天川山,川は天川・柞野川・備中地川・西川,池は奥谷池・蔭浦池・西川池,村役場・巡査駐在所・尋常小学校があり,産物は大豆。同9年造田郵便局開設。同10年内田学校を元高松藩所蔵に開く。私塾は天川神社社司上里済,同元寺住職在原正親によって開かれる。同17年内田小学校を開校,同20年仲空に校舎を新築して造田小学校と改称。同23年市制町村制施行により単独で自治体を形成。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7429802
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ