ケータイ辞書JLogosロゴ 造田村(近代)


香川県>琴南町

 明治23年〜昭和31年の自治体名。はじめ鵜足郡,明治32年からは綾歌郡に所属。大字は編成せず。明治24年の戸数334・人口1,595(男824・女771),幅員東西10町・南北15町,寺3,学校1,水車場2(徴発物件一覧)。農業は米・麦・甘藷が主で副業は養蚕・木炭・薪木・麦稈真田編み・塩叺など。そのほか松茸を産する。大正8年戸数308・人口1,911(男958・女953),田畑面積150町余・山林859町余,物産は米3,090石・麦2,013石・甘藷1万4,000貫・馬鈴薯6,480貫・大根5万8,800貫・繭48石(造田村勢一班)。世帯数・人口は,大正9年368・1,705,昭和10年352・1,656,同25年416・2,207。明治35年郡道勝浦線拡張工事が天川まで完成。同年人力車1人開業。大正2年乗合馬車榎井より開通。同8年乗合自動車開通。明治25年造田小学校を造田尋常小学校と改称,同37年高等科設置。昭和22年新しい教育制度により造田小学校発足。同26年造田保育所開設,昭和23年県立琴平高校造田分校開校。同31年琴南【ことなみ】村造田となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7429803
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ