ケータイ辞書JLogosロゴ 滝宮村(近代)


香川県>綾南町

 明治23年〜昭和29年の自治体名。はじめ阿野郡,明治32年からは綾歌郡に所属。滝宮・北・萱原の3か村が合併して成立。旧村名を継承した3大字を編成。明治24年の戸数694・人口3,680(男1,859・女1,821),寺3,学校1,水車場7(徴発物件一覧)。明治30年頃には質屋2・材木商1・呉服商1・宿屋業2・水車業1・所得納税者5・尋常有産家13が記載されている(繁昌懐中便覧)。大正9年の世帯数708・人口3,360(男1,651・女1,709),職業別人口は農業1,448・商業117・工業99・公務自由業94・交通業6など。昭和5年は人口3,469(男1,739,女1,730),職業別人口は農業1,400・商業138・工業97・公務自由業75・交通業19など。同10年世帯数695・人口3,435(男1,728・女1,707),同25年の世帯数881・人口4,605(男2,214・女2,391),職業別人口は農業1,607,サービス業154,卸売業および小売業130,製造業102,建設業60,公務51,運輸・通信およびその他の公益事業46など。明治32年滝宮村伝染病院竣工。同40年に91cmの大雪が降った。同44年滝宮家畜市場開設。大正期高松〜滝宮間,滝宮〜琴平間の乗合馬車が開通したが,私電開通前に廃止。現在の高松琴平電鉄琴平線が大正15年栗林公園〜滝宮間,昭和2年滝宮〜琴平間に開通。同8年県道の滝宮橋完成,工費5万円。同9年滝宮天満宮がうそかえ神事を始める。同14年旱魃のため県知事が滝宮天満宮で雨乞祈願をした。同19年県農業会立滝宮病院開設。滝宮地区出身兵のうち日清戦争3・日露戦争13・シベリア出兵1・日中戦争12・太平洋戦争161(陸軍126・海軍35)などの戦没者をだした。滝宮尋常小学校は,大正4年滝宮尋常高等小学校,昭和16年滝宮国民学校,同22年滝宮小学校と改称。同年小学校校舎・講堂を使用して滝宮中学校を創立,同23年校舎が新築された。同29年綾南【りようなん】町の一部となり,村制時の3大字は同町の大字に継承。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7429859
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ