ケータイ辞書JLogosロゴ 畑田村(近世)


香川県>綾南町

 江戸期〜明治23年の村名。阿野【あや】郡南のうち。府中郷に属す。畠田村とも書く(全讃史)。はじめ生駒氏領,寛永19年からは高松藩領。村高は,「貞享元年高辻帳」292石余,「天保郷帳」822石余,「旧高旧領」935石余。金毘羅街道が東西に通り,十三塚は宿場の名残をとどめ,一里塚の所在地は一里山という地名で残る。綿花の栽培が盛んでカセ屋という地名を生んだ。桛というのは繰綿を紡いだ糸をかけて巻く道具のことで,綿屋・綿打屋が多かった。貢租は高松御蔵納。文政11年の「高松藩大庄屋小庄屋姓名録」の当村部分には介役井上安兵衛の名が見える。安兵衛は枌所【そぎしよ】村(綾上町)の錆田池(永富池)の普請に格段の働きがあったとして大庄屋なみの待遇をうけたという(羽床上村誌)。平田白雲が寺子屋を開いていた(綾南町史)。明治4年高松県,同年香川県,同6年名東【みようとう】県,同8年再び香川県,同9年愛媛県,同21年三たび香川県に所属。明治8年の戸数378・人口1,924,反別121町余(梶山家文書)。明治5年畑田学校が開校,畑田八幡宮の東隣に設置されたと思われる。同19年畑田簡易小学校が開校,畑田八幡宮社務所を校舎とした。「新撰讃岐国風土記」によれば,郷の南東に位置し,東は香川郡池内,南は同郡西庄・千疋,西は陶【すえ】,北は福家【ふけ】の諸村に接し,反別は田199町余・畑55町余・山林33町余・原野1町余・宅地21町余,戸数364・人口2,135(男1,080・女1,055),山は生子山,川は本津川,泉は沢井・大泉,池は鵜野池・実光池・上高須笠池・大皿池・篠池・森兼池,神社は八幡神社・金刀比羅社・素婆久羅社・後久社・竜神社・大川社・神武社,仏堂は薬師堂・観音堂,村役場・尋常小学校・高松区裁判出張所・巡査駐在所・畑田郵便局,道路は陶村より当村に入り福家村にいたる里道,千疋村より当村を経て岡本村の県道に出る里道がある。同23年市制町村制施行により単独で自治体を形成。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7430183
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ