ケータイ辞書JLogosロゴ 生名村(近世)


愛媛県>生名村

 江戸期〜明治22年の村名。越智郡のうち。松山藩領。村高は,「慶安郷村数帳」では64石余,うち田44石余・畑19石余,「元禄村浦記」64石余,「天保郷帳」214石余,「旧高旧領」327石余。寛政11年の家数112軒・人口530。開拓の創始に関して入島年月・系譜氏名,現屋号などの明確な伝承が記録された生名七軒株によれば,庄屋村上氏の祖である次郎太夫も,慶長5年能島城主村上武慶が長州(山口県)に移った時,家臣とともに当村に来住し,帰農したという。文政7年に,当村西側の恵生【えなま】に1町余の塩田が開かれ,天保3年これに7反を追加,嘉永元年には庄屋村上助九郎が藩庁の援助を得て,当村東側の深浦に3町の塩田を開き,この頃に前新開・後新開などの新田も開発されている。明治4年の松山県仕掛免割目録では田4町余・畑21町余・新田畑21町余,塩浜新田6町余。当村は流罪の地でも知られ,藩の記録には,まず松山騒動により寛保元年配流となった家老奥平久兵衛が見える。享保18年の享保飢饉後の処分で目付の三浦正左衛門父子,天保5年,松山の大年寄で素封家,諸芸に秀でた栗田白堂と母,妻子ら家族7人が流されている。寺院は曹洞宗小松山正福寺,同寺は延宝元年の開山で,岩城村宝蔵寺の末寺,三浦正左衛門奉納の法華経などがあったが,昭和34年に全焼。同寺は寛文9年建立の大日堂とともに庄屋助太夫(水地家二代)が本願主となっている。氏神は生名八幡,同社は元和2年以前の創建で,古くは八和田八幡と称し,慶安4年・元禄8年・文化10年などに再建。明治2年小祠雲井神社・荒魂神社などと合祀の時,現社号に改称。明治6年愛媛県に所属。同8年の戸数227・人口1,242。明治22年市制町村制施行後も1村として存続。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7430794
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ