ケータイ辞書JLogosロゴ 五良野村(近世)


愛媛県>伊予三島市

 江戸期〜明治22年の村名。宇摩郡のうち。はじめ加藤嘉明領,寛永13年川之江一柳直家領,同20年幕府領,正保2年一柳直照領(八日市代官所支配),元禄16年からは幕府領。村高は,「慶安郷村数帳」では86石余,うち田36石・畑23石余・不足高27石余,「元禄村浦記」86石余,「天保郷帳」「旧高旧領」ともに88石余。享保6年の「五郎野村明細帳」によれば,村高は本田畑86石余・新田1石8斗余,家数26軒・人口153,牛20。用水は瓜尻【うりじり】村谷より分水し用水樋2。年貢米は,本田畑17石余・新田1斗7合で,野田【のだ】村より新居浜【にいはま】まで船で運び,別子【べつし】・立川【たつかわ】の両銅山へ運んでいる。文政3年荒地に植えた松林に年貢の増米がなされた。文政8年の「村々様子大概書」では,田5町余・畑3町余,家数32軒・人口144,牛16。慶応2年長州征伐の際,幕府領の村々は出兵を命じられ,さらに川之江代官所守備の銃隊を出す命をうけ,当村では年寄鈴木杉太郎が半隊司令士となった(伊予川之江村の研究)。明治6年愛媛県に所属。明治初年の「地理図誌稿」によれば,戸数33・人口141,牛20。耕地反別は,田5町余・畑3町余,歳収貢米21石余。産物は芋塊3,700貫。「宇摩郡地誌」によれば,村の広さは東西5町余・南北9町余。地勢は「耕地稍平坦水利モ亦可ナリ,運輸便利ニシテ薪炭魚塩ニ乏シカラス,人家字井手東・川西ニアリ」。地味は「田其土薄黒シテ埴シ砂ヲ含メリ其質悪シ麦作ニ宜シカラス其他樹芸亦宜シカラス年ニヨリ旱損ノ患アリ,畑其土薄黒シテ埴シ砂礫ヲ混ス其質悪シ麦作ニ宜シカラス其他樹芸宜シカラス年ニ寄リ旱損ノ患アリ」とある。戸数32,うち農業は32,人口172,牛19,社1,物産は薪1万貫。明治22年豊岡村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7430928
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ