ケータイ辞書JLogosロゴ 岩原瀬村(近世)


愛媛県>伊予三島市

江戸期〜明治9年の村名宇摩【うま】郡のうちはじめ加藤嘉明領,寛永13年川之江一柳直家領,同20年幕府領松山藩預り地,元禄11年からは今治藩領法皇【ほうおう】山脈,銅山川上流域に位置する村高は,「慶安郷村数帳」では8石余ですべて畑,「元禄村浦記」「天保郷帳」「旧高旧領」ではともに8石余寛政9年「岩原瀬村明細帳」によると村高は8石余,小物成は銀30目9毛(綿代・山手銀・入木代・茶代)寺は讃州刈田郡萩原村地蔵院末寺の真観寺・地蔵堂,氏宮は豊受大明神,庄屋久右衛門宅から三島代官所までは3里余庄屋・組頭とも鷹野山【たかのやま】村と兼帯明治6年愛媛県に所属明治初年の「地理図誌稿」によれば,村の広さは東西20町・南北50町戸数18・人口103,牛5物産は楮皮300貫・櫨実350貫・棕櫚皮5,000枚明治9年鷹野山村と合併して豊坂村となる現在の伊予三島市富郷町豊坂のあたり
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7430964
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ