ケータイ辞書JLogosロゴ 植松村(近世)


愛媛県>河辺村

 江戸期〜明治22年の村名。喜多郡川辺郷のうち。大洲【おおず】藩領。南筋の村。村高は「慶安郷村数帳」では187石余,うち田96石余・畑90石余,「元禄村浦記」187石余,「天保郷帳」190石余,「旧高旧領」181石余。当村は河辺川上流7か村の西の門戸に位置する。元文5年の「大洲秘録」では,寺院は西明寺,古跡は西明寺松,物産は米・大豆。宝暦12年の「紙御役所御仕法旧記」では半紙漉1人・小間紙漉5人(曽根家文書)。明治6年愛媛県に所属。「喜多郡地誌」によれば,村の広さは東西25町・南北20町,戸数83・人口220,うち農業163・酒造稼人1,牛47・馬6,田4町余・畑40町余・山2町余,神社は神明社・天満宮・加茂社,村内に明治8年開設の日進学校があり,教員1,生徒男33・女4,物産は米麦のほか大豆14石・蜀黍223石・楮380丸・櫨4,000貫・蝋5,500斤・茶200斤・酒72石。明治22年奥南【おくな】村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7430975
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ