ケータイ辞書JLogosロゴ 内海浦(近世)


愛媛県>内海村

 江戸期〜明治22年の村名。宇和郡のうち。宇和島藩領。御荘組・松之荘に所属。村高は天正検地では208石余,「慶安郷村数帳」では208石余,うち田150石余・畑57石余。「元禄村浦記」「天保郷帳」ともに210石余,「旧高旧領」641石余。「天保郷帳」「旧高旧領」では内海村と記載。「大成郡録」「墅截」によれば当村は実際には網代【あじろ】・平碆【ひらばえ】・魚神山【ながみやま】・家串・柏崎・中浦・高畠・赤水の8か浦の総称名で,各浦は内海浦の枝浦であった。寛文年間の「西海巡見志」では各枝浦の船と加子数(水主)は家串浦にまとめて記載されており,船51,加子数70,うち役加子55,家数は各浦合計で76軒。また網代浦は魚神山浦に来住した土佐(高知県)の人儀左衛門が文化5年に開発して藩の許可を得て新浦として認可されている。文政2年中浦から猿鳴【さるなぎ】が分立。「大成郡録」では家数109軒・人口546,伊達氏入封以前からの元網11帖。漁業を中心とした浦で,庄屋は実藤家。弘化3年の「御荘組四色小物成九色小役其外共割附牒」によれば高449石余,家数372軒。神社ははいたか明神ほか7社。寺院は禅宗泉法寺(家串浦)・浄土宗正覚寺(中浦)。明治6年愛媛県に属し,同11年南宇和郡に所属。同22年内海村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7431016
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ