ケータイ辞書JLogosロゴ 瓜尻村(近世)


愛媛県>伊予三島市

江戸期の村名宇摩【うま】郡のうちはじめ加藤嘉明領,寛永13年川之江一柳直家領,同20年からは幕府領で,はじめ松山藩預り地,延宝5年大坂代官所支配,享保6年からは松山藩預り地法皇山脈北麓に位置する村高は,「慶安郷村数帳」では9石余ですべて畑,「元禄村浦記」では9石余寛文7年当村の学蓮【がくれん】寺藪が開発御改めとなる延宝5年五良野【いらの】村と水利権をめぐって争論が発生したが,隣村豊田【とよだ】の庄屋の仲介で和解した同7年新田検地が実施された貞享2年の耕地反別は,田3反余・畑5反余,同年の宗門改めによると,人口36元禄3年洪水の被害が甚大だった豊田村のために学蓮寺の3町2畝の土地を御見取場として入作させている元禄4年の家数12軒・人口39,牛3享保5年の人口52,牛8・馬1宝暦3年の家数16軒・人口82同8年1反歩の松を植えたが年貢米として3升を出さねばならなかった安永元年の戸数18・人口84天明8年幕府領の村々に16か年の夫食貯が申し付けられ,当村は麦4斗5升・稗1石8斗余の貯えを庄屋の管理する蔵へ納入した文政4年岡銅【おかどう】村と改称現在の伊予三島市豊岡町岡銅の地
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7431068
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ