ケータイ辞書JLogosロゴ 大下村(近世)


愛媛県>関前村

 江戸期〜明治22年の村名。越智【おち】郡のうち。松山藩領。村高は「慶安郷村数帳」では67石余,うち田9石余・畑58石余,「元禄村浦記」67石余,「天保郷帳」76石余,「旧高旧領」84石余。享保年間頃の「越智島旧記」では田9反余・畑10町余,新田5反余,家数55軒,うち百姓家48軒・無給家7軒,人口322,定水主家数8軒,塩浜運上銀173匁7分(天保5年の郷村高帳では金2両3分2朱と同割1匁2分)。享保6年の揚浜式塩田の面積は5反6畝。寛政11年の家数98軒,うち問屋1軒,人口476。当村では出稼ぎや海運が盛んで,明治13年36隻の船を所有する。西に隣接する小大下島の石灰石は寛政年間頃に発見され,文政2年頃にはすでに採掘,天保12年には岡村と分有して生産を続け,近国へも移出した。寺院は浄土真宗本願寺派法珠寺(檀那寺),同寺は宝永3年の創建。明治初年公立大気学校創立,同13年頃の生徒数23。明治6年愛媛県に所属。同13年の戸数114・人口545。同22年関前【せきぜん】村大字大下,小大下の一部となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7431153
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ