ケータイ辞書JLogosロゴ 岡銅村(近世)


愛媛県>伊予三島市

 江戸期〜明治22年の村名。宇摩【うま】郡のうち。文政4年瓜尻【うりじり】村が改称して成立。幕府領松山藩預り地。村高は,「天保郷帳」「旧高旧領」ともに18石余。文政8年の耕地反別は,田5反余・畑5町余,戸数29・人口149,牛15。草刈場は1,550町歩ほどあり,幕府領と藩領4か村から当村へ入会刈りをしている。御年貢米は陸路2里余を運び,天満村の浜から江戸へ運送した(村々様子大概書)。弘化4年五良野【いらの】村と入会山をめぐって争論が発生。嘉永2年の家数29軒・人口155。慶応2年豊田【とよだ】村と入会権について争論が発生。明治元年にも五良野村と争論が起こっている。明治6年愛媛県に所属。明治初年の「地理図誌稿」によれば,戸数32・人口143,牛23。耕地反別は,田5反余・畑5町余,歳収貢米2石余。産物は砂糖3,500斤余。「宇摩郡地誌」によれば,村の広さは東西1里11町余・南北1里9町余。地勢は「耕地民居ハ概ネ山腹ニ散在シ字原川ト丸山ノ地ハ里程二十町ヲ隔テ其不便ヲ極ム,土壌険阻磽瘠ニシテ水田甚ダ少ナシ,道路険悪運輸不便薪炭ノ利アリ魚塩ニ乏シ,人家字丸山・芝塚・原川・高手ニアリ」。地味は「田其土赤黒ニシテ埴シ其質悪シ稲麦ニ宜シカラス年ニ寄リ旱損冷瘴ノ患アリ,畑其土赤クシテ埴シ其質悪シ麦作ニ宜シカラス粟蕃薯ニ宜シ其他樹芸ニ宜シカラス年ニ寄リ旱損冷瘴ノ患アリ」とある。戸数33,うち男農業33。人口162,牛17,社1,物産は薪5,000貫。明治22年豊岡村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7431243
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ