ケータイ辞書JLogosロゴ 柏村(近世)


愛媛県>内海村

 江戸期〜明治22年の村名。宇和郡のうち。宇和島藩領。御荘【みしよう】組・松之荘に所属。村高は天正検地で133石余,「慶安郷村数帳」では133石余,うち田120石余・畑13石余,「元禄村浦記」「天保郷帳」ともに137石余,「旧高旧領」309石余。農業を中心とした村で集落は柏川河口付近に立地していた。村内を宇和島に至る柏坂街道(柏通)が通り,四国遍路や庶民が通行した。「墅截」によれば,「村柄は中,水掛りは吉」とあり,井手1,本百姓1人前の耕地は田4反4畝余・畑2反余,百姓数22人,うち本百姓18・半百姓3。物成は米1石7斗余・大豆2斗。「大成郡録」では家数31軒・人口178,小物成は真綿・麻苧・漆・漆実・薪・鍛冶炭・糠など,牛11・馬25,鉄砲6挺,神社は権現社と金毘羅社。寺院は禅宗望海山法性寺。弘化3年の「御荘組四色小物成九色小役其外共割附牒」では家数75軒,庄屋は宮下家。明治6年愛媛県に所属。同7年柏郵便局を開設。同11年南宇和郡に所属。同22年内海村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7431349
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ