ケータイ辞書JLogosロゴ 葛谷村(近世)


愛媛県>玉川町

 江戸期〜明治22年の村名。越智【おち】郡のうち。今治【いまばり】藩領。村高は「慶安郷村数帳」では262石,うち田229石余・畑32石余,「元禄村浦記」262石。「天保郷帳」「旧高旧領」ともに267石余。寛永13年の「検地帳」では田22町余・畑2町余,山畑1町余・荒畑など2町余。庄屋は服藤家で,元和年間に入植し付近を開拓したと伝える。慶安元年の「新高畝村人数帳」では人口94,貞享元年の「今治藩領改帳」では家数71軒・人口168。新田開発は元禄10年・寛延3年に行われた。山林は安永2年に21町余,明治14年には141町余,うち松山39町・雑木山65町余・草山35町余など。神社は天満神社,同社は古く天津神宮と称し,正徳4年菅原道真を合祀して社名を改めた。寺院は曹洞宗宝泉寺,同寺は文明5年の創立と伝え,明治初年まで寺子屋を設置。明治4年の戸数64・人口294。同6年愛媛県に所属。同22年竜岡【りゆうおか】村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7431360
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ