ケータイ辞書JLogosロゴ 上弓削村(近世)


愛媛県>弓削町

 江戸期〜明治22年の村名。越智【おち】郡のうち。今治【いまばり】藩領。寛永年間弓削島村が上弓削村・下弓削村に分村して成立。村高は「旧高旧領」431石余。なお「慶安郷村数帳」では下弓削村とともに弓削島,「元禄村浦記」「天保郷帳」では下弓削村とともに弓削村と見え,「慶安郷村数帳」320石余,うち田87石余・畑232石余,「元禄村浦記」320石余,「天保郷帳」948石余。寛永13年の「検地帳」および「野取帳」では上串村と見え,田2町3反・畑43町余,山畑10町余,塩浜3反。慶安元年の「今治御領新高畝村人数帳」では本田のみ56町余。貞享元年の「藩調書」では村高411石余,田畑53町余,うち水田1町4反,家数189軒,うち本家100軒・寺4軒,人口630。開発は,寛政12年1町4反余,明治2年2町5反余と進み,明治4年では本田畑53町余・新田畑9町9反余。宝暦13年から銀20枚の運上で鰯網代が許され,うち5枚は大庄屋田頭家の取分であった。大庄屋の5代源助(浄貞)は,島北部の鯨に築港,宝永年間には火災の中浦を復旧,その後も浄貞新開を開くなど多くの事業を起こして村民を助けた。弟三郎右衛門も分家して網元えびす屋となり財をなしたという。3代三郎右衛門の次男忠吉は努力して総検校となった。旧家武川家は当村の出で京都で侍医となり医塾の経営をして名をなし,幸順(本居宣長の師),幸伯,幸意(平田篤胤の師)などを輩出した。寺院は惣観寺・願成寺・長楽寺・長寛寺・大乗坊などで,惣観寺と願成寺のほかはいつのころか廃寺となった。地内の宮の上に高浜八幡社がある。明治4年の戸数279・人口1,269。同6年愛媛県に所属。同14年の山林303町余。同22年弓削村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7431469
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ