ケータイ辞書JLogosロゴ 川上村(近世)


愛媛県>菊間町

 江戸期〜明治22年の村名。野間郡のうち。松山藩領。松尾村から分村して成立。分村の時期は未詳だが,「野間郡地誌」には慶長年間,「天一神社記録」には寛永21年と見える。幕府公簿上では松尾村の枝郷としての取扱いは受けず,庄屋・村役等は他の独立村と同じ扱い。当村は郷帳類には見えない。庄屋は重見家で,元禄年間に郡代官林源太兵衛から林姓を受けると伝える。「野間郡手鑑」によれば,元文年間の庄屋は作兵衛,田17町余・畑14町余,新畑3反,村高178石余,家数46軒,うち本門36軒・無給門10軒,人口181。嘉永3年の家数44軒・人口173。明治4年再び松尾村に合併。しかし同12年村民は川上村の名が消失するのを惜しみ,岩村県令に分村願を提出。翌13年分村を認められ,再び川上村となる。同14年松尾村との間に水利紛争「火の井手堰」事件が起きた。明治6年愛媛県に所属。同11年松尾・河之内・中川村が共同で当地に三渓小学校を開設,同15年同校が池原村の開明小学校と合併して松尾村に松栄小学校が新設された。同22年歌仙【かせん】村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7431496
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ