ケータイ辞書JLogosロゴ 川崎村(近世)


愛媛県>河辺村

 江戸期〜明治22年の村名。喜多郡川辺郷のうち。はじめ大洲【おおず】藩領,元和9年からは新谷【にいや】藩領。村高は「慶安郷村数帳」では141石余,うち田85石余・畑55石余,「元禄村浦記」「天保郷帳」ともに141石余,「旧高旧領」152石余。慶長14年の「七ケ村御年貢割付帳」では田8町余・分米85石余,畑9町余・分大豆54石余,居屋敷1反余・分米1石余(大洲旧記)。元文5年の「大洲秘録」では物産は米・大豆。明治6年愛媛県に所属。「喜多郡地誌」によれば,村の広さは東西1里・南北1里,戸数32・人口201,うち農業78・商業1・酒造稼人1・雑業3,牛27・馬12,田6町余・畑12町余・山11町余,神社は三島神社,ほかに天神社・岡本神社。村内に明治7年開設の漸成学校があり,教員1,生徒男49・女2,物産は米麦のほかに大豆15石余・蜀黍147石・紙130貫・楮320丸・櫨3,000貫・蝋4,250斤・酒180石。明治22年奥南【おくな】村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7431502
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ