ケータイ辞書JLogosロゴ 喜佐方村(近代)


愛媛県>吉田町

 明治22年〜昭和30年の北宇和郡の自治体名。沖・河内村の2か村と東宇和郡の白浦飛地が合併して成立。大字は旧村名を継承して2大字を編成。村役場を大字河内に設置。面積は12km[sup]2[/sup]。明治37年戸数351・人口1,724,同42年の村勢は人口1,827,純農家320戸・1,647人,半農23戸・117人,自作田61町余・小作田29町余・自作畑211町余・小作畑28町余・二毛作田16町,物産は米・麦・大豆・小豆・甘藷・柑橘類など。大正8年図書館設立。同9年の人口1,782,同11年電灯点灯,同14年の田91町余・畑239町余。昭和15年の人口1,998,同17年立間村へ通ずる喜佐方隧道完工,同25年の人口2,401。同54年の世帯数435・人口2,074。寺院は禅宗円通寺・同宗宗昌寺・同宗安楽寺など。神社は八幡神社・大雷神社(吉田町誌)。昭和30年吉田町ほか3か村と合併して吉田町となる。各大字は同町の大字として存続。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7431607
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ