ケータイ辞書JLogosロゴ 高田村(近世)


愛媛県>菊間町

 江戸期〜明治22年の村名。野間郡のうち。松山藩領。村高は,「慶安郷村数帳」では347石余,うち田240石余・畑106石余,「元禄村浦記」347石余,「天保郷帳」「旧高旧領」ともに356石余。「野間郡手鑑」によれば,元文年間の田29町余・畑30町,新田畑4反余,家数87軒,うち本門73軒・無給門14軒,人口387。庄屋は二宮家,義兼が初代庄屋。3代目高常の弟,末清が中川村の,末道が池原村の庄屋となる。宝暦5年5代目常昌(藤蔵)は改庄屋を勤めたが,その数代後に庄屋職を停止され,長坂村の庄屋田窪家の分家がこれを勤めた。「加茂神社社記」によれば,代官の定めと意見が合わなかったため天明8年浜・池原・長坂村とともに西条・小松藩領に逃散した。嘉永5年の家数79軒・人口379,免8.35,小物成は入木銀156匁・山札銀46匁・御上苧1貫600匁。嘉永3年の池数8,うち郡普請池3。鳥越池は延宝元年の築造で菊間川水系中最古。井手口池は享保10年,寺坂池は宝暦11年,ともに大旱魃の後に築堤。氏神は荒神社・滝宮社。寺院は献珠院福田寺,同寺は高仙城主得居末高の息女(献珠院殿)が剃髪して庵を建てたのが創始と伝える。ほかに隠れキリシタンの墓3基がある。明治6年愛媛県に所属。同9年池原村と共同で池原村に開明小学校を開設。同22年歌仙【かせん】村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7431888
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ